半畳のパントリーは狭いのか?我が家の収納量と使い勝手を実例でレビュー

2022年1月5日

一軒家の間取りで人気が高い『ウォークインパントリー』。

キッチン周りの細々したものがスッキリするので、片付けが苦手な人にとって強い味方ですよね。

我が家も絶対つけたい!と熱望していました。

でも、どうにか取れた広さは90㎝×90㎝の半畳だけ。

これじゃ狭すぎて意味がないかも……という考えがよぎりましたが

検討に検討を重ね、導入することを決めました。

結果、大満足しています!

収納量・使い勝手など、実際の使い心地をレビューしますので

狭いパントリーの導入で悩んでいる方は参考にしてください。

スポンサーリンク

我が家のパントリー

我が家のパントリーは、キッチン横の通路を挟んだ場所にあります。

pantry

こんな感じ。

いろいろ試行錯誤しましたが、最終的に作れそうな場所はここしかありませんでした。

こういう『壁面タイプ』のパントリーなら

ー壁面収納タイプのパントリーとは、キッチンの反対側の壁面などに収納スペースを作るタイプです。

引用:LIXIL SQUARE 『パントリーの配置は家事の動線に注意!理想的な間取りとは?』

もうちょっと効率よく作れそうな気もしたんですが、

どうしてもウォークインタイプに憧れがあってこの形に

とはいえ、半畳じゃ体の半分くらいしか入らないので

もはや『ウォークイン』とは言えないと思いますが(笑)

でも、限られたスペースでそれっぽくできて、自分としては満足しています♩

可動棚をL字につけており、取り外しも可能。

右の壁にはコンセントもつけているので電気ケトルを置いたりしています。

左の壁面には施主支給でLOWYAのガラスボードを設置。

 

買い物のメモや、ちょっとした書類を貼り付けられて便利です!

スポンサーリンク

棚の収納量は十分

半畳の広さだと『収納量、本当に足りるかな……?』というところが気になりますよね。

実際使ってみた私としては、『十分足りている!』と感じています。

むしろ若干余裕あるくらい。

現在の様子はこちらです。

my pantry 

L字の手前側の部分、だいぶスペースが余っているのがわかりますよね。

さらにケースは1つカラにしてあり、普段よりモノが増えたときの緊急用にできています

今は夫婦二人の生活ですがこれから家族が増えたとしても対応できるだろう、と思っています。

中身は缶詰や調味料、レトルトのストックが多いですが

タッパー類や洗剤、スポンジなども収納。

キッチンの延長として気軽に使えています。

収納ケースはセリアで、大小2種類を買いました。

これ、本当におすすめ!

case_1

こんな感じでざくざく入れれば、結構入ります。

レトルトの箱がシンデレラフィットで気持ちいい♩

フタがないのも中身を把握しやすく、気に入っています。

直置きスペースは狭い

重いモノは床に直接置いているのですが

ここはモノがあふれています……。

どこまでいっても90㎝×90㎝のスペースしかないので

『ちょっと足りないな~』という感じですね。

箱買いした飲み物お酒のビン米びつなどを置いていますが

ストック全部は入りきらないです。

なので隣の部屋のクローゼットの中にもスペースを確保して、

飲み物はそちらにも置いています。

本当はパントリーにまとめたいのですが……

仕方ないのでそこは諦めています。

古いものから順にパントリーに出してくる感じで回しています。

重いもの・大きいものが多い方は

このあたりを慎重に考えた方がよさそうです。

スポンサーリンク

全体的な使い勝手は?全体が見渡せてモノを把握しやすいよ

狭いパントリーだとモノが溢れ返るかな……

と心配もありましたが、上記のように、全然大丈夫です。

ぎゅうぎゅうに詰めてしまって、モノが取り出しにくくなるかも?

とも思いましたが、そこもストレスはないです。

L字の角の部分にあるケースは若干取り出しにくいですが

あまり使わないものを入れるようにしています。

広さがない分、全体を見渡せるので

フタのない収納ケースを使うと結構使いやすいですよ。

片付けが苦手な人にこそおすすめです。

半畳しか取れないからと、パントリーを諦めるのは早いです!

まずは私の事例を参考に、シミュレーションしてみてくださいね!

Posted by rinarina