35坪4LDKは狭い?⇒豪邸ではないかもしれないけど「ちょうどいい」よ!

こんにちは!札幌で34.34坪、4LDKの家を建てたReinaです。

家づくりを始めたばかりだと、広さや間取りがこれで十分なのか不安になりますよね。

わたしも住宅展示場やネットで見かける広々した家を見て、4LDKで35坪以下だと狭いのかな?となかなか決めきれずにいました。

ですが予算には限界があり……検討の上、35坪のまま契約

実際に35坪以下の4LDKに1年ほど住んでみた結果……

広すぎず狭すぎず、ちょうどいいと感じました。

この記事を読めば、35坪くらいの家でも意外といいじゃん!と思えるはずです。

みなさんがおうちの広さをリアルにイメージするお手伝いになればと思います♩

\こんな人に読んでほしい/

・家づくりを始める・始めたばかりの人

・予算の都合で新居が35坪くらいになりそうだけど狭いかもしれないと不安な人

・35坪/4LDKの具体的な暮らし方を見てみたい人

 

35坪は注文住宅では平均的な広さ

35坪の家というのは、一般的に狭いのでしょうか?

以下は2020年度のフラット35利用者調査による、住宅面積の推移のグラフです。

引用:住宅金融支援機構 フラット35利用者調査(2020年度) より

注文住宅土地付き注文住宅では年々狭くなってきていることがわかりますね。

このグラフは単位が「」なので、わかりやすくするために「」に直してみます。

注文住宅以外も含めた、全戸建ての数値です。

※1坪=3.30579㎡

●注文住宅 37.6坪
●中古戸建 34.2坪
●土地付き注文住宅 33.6坪
●建売住宅 30.5坪
※土地付き注文住宅とは、建築条件付きの注文住宅のことです
 
以上のように、戸建て購入の平均は30~37坪くらいとなっています。

また、注文住宅+土地付き注文住宅のみの平均は35.6坪です。

35坪前後の家は、注文住宅の一般的なサイズと言えそうですね。

モデルハウスやSNSを見ているともっと広い家がたくさんありますが、35坪が狭すぎるわけでは決してない、と思っておきましょう。

35坪で4LDKは十分可能

では、35坪4LDKの間取りを詰め込むことは可能なのでしょうか?

結論としては十分可能です。

わが家は4LDKで快適に過ごしています。

ただ、間取り検討中には3LDKを勧められることもよくありました。

3LDKでもいいなら、部屋1つ1つがゆったり作れて、手狭な感じがかなり減ると思います。

わが家は寝室+子ども部屋2つ+1階に1室がどうしてもほしかったので、4LDKに。

それに加えて3帖弱の書斎や、小さめの納戸だって付けられましたよ!

わが家の場合

参考までに、わが家の広さを一例として載せておきます。

若干2階が狭いですが、下屋(2階がない部分)が家の真裏に来てしまい、前から見たらまるで総二階な家。

どうしても1階は部屋数が多くキャパオーバーになりがちなので、リビングお風呂2階でもいい人は検討してみると収まりがよくなるかも。

次に各部屋の広さを見てみましょう。

まず、LDKは少し狭いです。

新築前にいろんなおうちを見学させてもらいましたが、18帖~くらいが一般的のようなので、ここはかなり迷いました。

WIC入居後狭いと感じたので、主寝室を犠牲にしてでも少し広くすればよかったです。

ですが、その他は満足する広さが取れたと思います。

書斎や納戸など細かいスペースを作れた理由としては、

  • LDKを狭くしたこと
  • 吹き抜けを作らないで、2階をフルに部屋にあてたこと

が大きいかなと思います。

もともと暖房効率を重視したく、吹き抜けやリビング階段は予定していなかったのですが、その分を部屋に充てられたので、満足しています。

採用しなかったけど、素敵だった間取り

わが家ではご縁がなかったですが、ある地場のビルダーさんからいくつかご提案された間取りがあります。

L字リビングシースルー階段だったり、家で囲むようにする中庭の案もいただきました。

※中庭付きの提案の時は、ちょっと広めの37坪くらいになっていたかも……

35坪前後でも個性のある間取りこだわりを詰め込んだおうちを作ってくれるメーカーさんはあります。

わが家は最終的に小さめの縦長LDK+隣接する洋室、という間取りに落ち着きましたが

よくある間取りというか、万人受けする間取りというか……建売にも多いパターンなんですよね。

もっと個性のある間取りを選んでもよかったのかなぁ、と少し後悔することがあります。

ですが単純にこれ以上メーカーさんを訪問する時間がなくたくさんの間取りを見ることができなかったんですよね。。

何軒も住宅メーカーに足を運んで、一から希望を説明して……って本当に時間がかかるんです。

なので間取りを検討中の方には、複数のメーカーさんから間取りプランをもらえるタウンライフ家づくりをおすすめします。

カンタンにネットで一括請求できるので、たくさんの間取りと出会えますよ。

利用は完全無料なので、これから家を建てる方は請求だけでもしてみましょう

わたしも家を建てる前にこのサービスを知っていれば利用したのに……と思っています。

メリット:「ちょうどいい」サイズ感

35坪の家に実際に住んでみて感じたメリットは「ちょうどいい」ことです。

この記事で何度も書いている「ちょうどいい」とはどういうことなのか、解説していきます。

掃除がラク

広すぎない家は範囲が狭いぶん、掃除がラクです。

新居のキレイを長く保つためこまめにお掃除していきたいところですが、ズボラなわたしにはとてもハードルが高い……

この広さだからこそギリギリ手が回っていると感じています。

これ以上部屋が大きくなり家具が増えれば、日常的なホコリ取りなどさえサボりそうです。

他にも、窓が増えればサッシやガラスを清潔に保つのが大変ですしね。

掃除をラクしたい人には「ちょうどいい」広さだと思います。

狭めのLDKでリビングテーブルをなくし、快適に生活している様子はこちら

わたしみたいにズボラな人には、思わぬメリットになるはずです!

コストが減る

単純ですが、まず建坪を減らすことで建築費用そのものを削減できますね。

坪単価50万円だとしたら、40坪の家より250万円も安いことになります!

また、入居してからかかるランニングコストにもかかわってきます。

広すぎる家では冷暖房効率が悪く余計な光熱費がかかりますし、固定資産税も高くなります。

こう考えると、35坪で必要十分なのであれば、これ以上広くするなんてもったいない、と思いませんか?

デメリット:超広々ではない。少しの工夫を

これもまた当たり前ですが、超広々で何もしなくても快適ということはありません

ですが、少しの工夫で解決できることも多いです。

諦めないで策を練っていきましょう!

狭さを感じさせない工夫

同じ広さの部屋でも、広々と感じさせるためにはいろいろと工夫ができます。

たとえば……

●視覚的に抜けをつくる!
 ⇒吹き抜け・天井高を高くするなど
●膨張色で囲む!
 ⇒白っぽい壁紙や建具でそろえるなど
●余白を残す!
 ⇒家具を少なくする、床暖にして暖房器具をなくすなど
 
これを意識するだけでもかなり違ってきます。
 
わが家では
  • 1階の天井高を2.6mに上げた
  • ベースの壁紙は一般的なものより一段階明るい白にした
  • リビングテーブルとソファはなくし、空間を残した

といった工夫を取り入れました。

特に天井高を上げたり吹き抜けを作るのは効果絶大。

感覚的にかなり広く感じます。

来客時にもよく褒められるポイントで、実際の広さを伝えると驚かれますよ♩

叶えたい希望には明確に優先順位を

すべての希望を詰め込むと、スペースが限られているので1部屋1部屋が小さくなってしまうことには気を付けなくてはいけません。

絶対譲れないポイントなのか、できれば取り入れたいポイントなのかは明確にしておきましょう。

わが家では、この3つは絶対にあきらめたくなくて、実現しました!
絶対条件① リビング横に洋室(親族など泊まりの来客用)
絶対条件② リビングとお風呂は絶対に1階(年を取っても過ごしやすいように)
絶対条件③ 納戸をつくる(季節外の布団や暖房器具など用)

その代わり、以下は妥協しました
できればやりたい④ ウォークインタイプのパントリー⇒半畳の小さめパントリーに変更
できればやりたい⑤ 広いLDK⇒17帖弱に変更
できればやりたい⑥ カバードポーチ⇒あきらめた。。

 
※カバードポーチはアメリカのおうちによくついている外のお部屋みたいなやつです!
 
わたしたちがカバードポーチをあきらめるまでの流れはこちら。。

希望の優先順位を整理しておけば自分たちが取捨選択しやすいのはもちろん、

メーカーさんもそれを踏まえて提案してくれるのでどんどん理想に近づくことができます♩

ここまで厳選しても、住んでみてから「WIC狭かったな~」「キッチン収納、将来足りなくなるかな~」とか思いますので、

1部屋それぞれを大きく取りたい方は、もう少し工夫が必要かもしれません。

自分好みの35坪4LDKでちょうどよく過ごそう♩

35坪のおうちの魅力、伝わりましたでしょうか?

イメージをふくらませるお手伝いができていたらうれしいです*

間取り検討中の人は、今のうちにタウンライフ家づくりたくさんの間取りをもらっておきましょう

思いもよらないすてきな間取りに出会える可能性大です!

\わが家の後悔ポイントはこちら/

\ズボラさんに全力でおすすめ!コスパ最強ロボット掃除機レビュー/

 

 

Posted by rinarina